東京サンガ9

この名前はお寺関係の者が集まって仏教讃歌を練習している合唱の会で、参加者は寺の坊守が多い。元々、真宗大谷派には仏教讃歌はあって、私の育った寺でも父が進取の気風があったのか、小学校の音楽の先生に頼んで夜に10人ほどで仏教讃歌の練習をしていた。小学生か中学生くらいの私も駆り出されて歌っていたことを覚えている。仏教讃歌は歌う人は歌えるというくらいであったが、今はお寺の法話の会など、行事の初めに真宗宗歌、...

終活について

旧盆も済み、夏休みも後10日余り。暑さ続きの7月に比べ此のところ、雨の日が続き、空気が湿っぽい。暑いと暑いと文句を言い、雨が続くとまた文句が出る。都合の良い天気と、出来事を望んで、自分勝手な毎日です。お寺にいたら、清廉潔白で仏さまのことばかり考えているかと思うとさにあらず。不平不満、自分の気持ちを誰かに聞いてもらいたかったり、悩んだりの毎日です。先日、新聞の1面の下の本の広告に目が留まった。それは死ん...

阿弥陀さんはつかれている?

我が家の3人目の孫はお姉ちゃんたちが2人小学校へいったあと、私たちの部屋へ良く来てくれます。お話も上手になり、お姉ちゃんたちの真似をして、おやおやこんなことを言うようになったと思うこともしばしばです。私が本堂でお花の水を変えたり、お参りをしていると、ばあばはいと言って、お焼香のところにかけてあるお念珠を渡してくれます。小さな手にお念珠をかけて椅子にちょこんと座り一緒に手を合わせています。今朝のこと、...

千葉房総バスツアー

梅雨に入ったと思ったらここ2.3日急に蒸し暑くなりました。昨年は甲府のご旧跡寺院、萬福寺様をお参りし、その後、塩山市の縁瑞寺様でご法話をお聞きしました。今回も千葉の勝善寺様のご住職からお話をお聞きしました。1000年ほど前、天台宗のお寺として創建のお寺で、その後親鸞聖人来られたのがきっかけとなって真宗のお寺になったということです。このお寺には親鸞聖人の伝承があります。それは史実とは言えないが、今まで伝わ...

永代経法要29.4.30

今日は5月3日、連休の真っ只中です。4月30日は明福寺の永代経法要でした。有難いことに真っ青な青空です。前日から、会場の準備、お斎の調理にと二日間にわたって多くの方々のお手伝いを頂きました。またお参りいただいた皆様ありがとうございました。法要にお参りいただいたお寺様ありがとうございました。今年のご法話は港区芝の大谷派のお寺、了善寺のご住職百々海真師のお話でした。講題は「仏の教えは家に在り」でした。永代...