阿弥陀さんはつかれている?

我が家の3人目の孫はお姉ちゃんたちが2人小学校へいったあと、私たちの部屋へ良く来てくれます。お話も上手になり、お姉ちゃんたちの真似をして、おやおやこんなことを言うようになったと思うこともしばしばです。私が本堂でお花の水を変えたり、お参りをしていると、ばあばはいと言って、お焼香のところにかけてあるお念珠を渡してくれます。小さな手にお念珠をかけて椅子にちょこんと座り一緒に手を合わせています。今朝のこと、...

千葉房総バスツアー

梅雨に入ったと思ったらここ2.3日急に蒸し暑くなりました。昨年は甲府のご旧跡寺院、萬福寺様をお参りし、その後、塩山市の縁瑞寺様でご法話をお聞きしました。今回も千葉の勝善寺様のご住職からお話をお聞きしました。1000年ほど前、天台宗のお寺として創建のお寺で、その後親鸞聖人来られたのがきっかけとなって真宗のお寺になったということです。このお寺には親鸞聖人の伝承があります。それは史実とは言えないが、今まで伝わ...

永代経法要29.4.30

今日は5月3日、連休の真っ只中です。4月30日は明福寺の永代経法要でした。有難いことに真っ青な青空です。前日から、会場の準備、お斎の調理にと二日間にわたって多くの方々のお手伝いを頂きました。またお参りいただいた皆様ありがとうございました。法要にお参りいただいたお寺様ありがとうございました。今年のご法話は港区芝の大谷派のお寺、了善寺のご住職百々海真師のお話でした。講題は「仏の教えは家に在り」でした。永代...

春らんまん

4月21日、来週は永代経法要だ。早い早い、年を重ねると、余計にそう感じるようだ。お寺の庭にも2本の山桜、八重桜が1本。近所のさくらより遅れて、八重桜は今が満開だ。あまり天気も良く、青空に薄紅色の八重桜は本当に美しい。そんな時は、玄関の腰掛に、座ってお茶を飲んだり、パンとコーヒーのお昼にしたり、外に出かけなくてもひっそりとお花見ができる。元々お寺には御衣黄桜というのか、薄緑の桜の木があった。この花は中々...

お彼岸 2017、3,17

お彼岸のいり、朝住職とお参りをしました。お彼岸の支度もでき、これから1週間のお彼岸の始まりです。この頃朝起きると、一番下の孫が私たちの部屋に来てくれます。お仏飯を盛っているときから、「これなあに」、と聞いてきます。「これはねえ、ナマナマさんのご飯だよ。」「ヘエー」お内仏の小さな仏飯を小さな手でお供えしてくれました。ご本堂に行ってお勤めをしてお参りをするところにも、一緒に来て数珠を手に椅子に座って小...