2014年07月の記事

スポンサーサイト

老いるについて

明福寺が属している真宗大谷派、そして東京教区、その東京教区の首都圏また近隣の県が中心としている真宗会館が、東京練馬にある。前置きが長いが、そこで発行しているサンガという教化の新聞がある。その中で、医師の方がしばらくの間「老いるについて」というコラムを書かれていた。医師の立場から様ざまな老いについての話題であった。実はこの題名については最初から違和感があった。まあ普通は「老いについて」だろう。それが...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。