春の料理Ⅰ

2018.05.01.23:43

私はてんぷらが好き。
けれども太る。
それはおいしいから山ほど食べてしまうから。
だから作らない。
三題噺のようだが、主人と二人分の食事の用意が日常だから、どうしても食べたいとき揚げ物は、ローソン、てんや、またデパ地下的な美味しいてんぷらやなどで少し買う。
けれどもこのおきてを破る季節が春なのだ。
春の訪れとともにお店に顔を出すフキノトウ、そしてタラの芽、これを近所の方から田舎から送ってきたからとお裾分けしてもらったり、八百屋の店先に安く出ているときは、どんなに疲れて帰る途中でもてんぷら粉と一緒に買って帰る。
ご飯を炊いて、てんぷらの用意。
鉄鍋になみなみと油を入れて火をつける。
小鍋にてんぷら粉、水を菜箸でかき混ぜ水気を切ったフキノトウを入れる、次々と揚がる。
揚げたてに、塩をつけて食べる。なんとうまい。
たまのてんぷらだから、油を足して家にあるサツマイモやシイタケ、ピーマン、人参、玉ねぎに桜エビ。
二人分なのに大皿に3枚?多いけど結構食べて、余ったら翌日も天丼にする。
今年は「またてんぷら「」と主人に言われながら、3回もあげました。
山菜の季節も終わりました。
また来春まで多分揚げたてはないでしょう。
油のボトルを2本も使って、これが体に染みわたると思うとおっそろしい。
でもフキノトウ(盛岡ではなぜかバッケというのですが)とタラの芽はいつも私を誘ってきます。
プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR