FC2ブログ

お寺の行事

未分類
05 /14 2019
一段落しました。

お寺では2か月に一度位のサイクルで行事があります。
3月のお彼岸、4月の永代経、5月のお出かけ土曜法話。
皆さんに来ていただくのがうれしいです。

皆さんに来ていただくと、そのための準備が報われるという、内部のわたしだけの満足感かもしれません。

それぞれの行事には、歳時記的に日本の中で根付いているものもありますし、真宗大谷派のお寺として、長年明福寺で続いてきているもの。また住職の考えで教えを聞いていただきたいというものもあります。
最終的にお寺の行事法要にお参りいただいて、お寺を身近なものに感じてもらって、親鸞聖人の教えを聞いてもらいたい。ということだと思います。

以前の法要ではお茶会、お琴の演奏会、説教節などを行ってきたこともあります。現在も法要の折り、その後で落語会、門徒の方の演奏会などを行っています。

以前、お寺の住職、坊守の研修会の折り、明福寺ではこんな事を法要の前後に行っています、それは今までは来てなかった方々にすこしでもお寺に興味をもって頂きたいと思うから、と発言したことがありました。
するとあるご住職から、そんなことより、たとえ人数が少なくても教えを聞くというのが本筋なんだ。と指摘されました。

その通りでしょう。
でも皆さんに来てもらいたいというのが、前坊守の願いです。
自分の足元を見ながら、回りを観察しながら、自分は一体何をしたいのかと思います。

5月11日にはお出かけ土曜法話という企画でした。
浅草の通覚寺さんをお参りしてお話を聞き、浅草散策、懇親会というコース。
副住職稲垣和弘師のご法話をお聞きしました。講師の身近なお話から「いのちみな生きらるべし」(リルケ)というテーマでお話されました。
それぞれが持っている、なぜ自分だけ、どうして思うままに生きられないのか、そんな中でお寺の中で生きているものもそうでない者も同じ。
どうしていき方がこうだと思えないのか。
その時のレジメでいちばん心に残る言葉がありました。

いずれにも 行くべき道の絶えたれば 口割りたもう 南無阿弥陀仏 藤原正遠

私 どうしていいかわかりません、本堂でベットでただ南無阿弥陀仏
我が身、私につながる人達が可愛くて、自己中心が満ちていて、人と比べる自分がいて、こうじゃないでしょと言い聞かせても、困ったものです。

ナカネタカコ

FC2ブログへようこそ!