夏休み


孫たちの夏休みも終わりました。
ママたちにとっては、大変な暑い夏だったでしょう。
やはり若いということはいいですね。体力が違います。
自分も若い時は、少しでも子供たちに夏休みらしいことをしてやりたいと思いました。もうついてはいけないですね。

庭のススキや菊が咲き始めておやおやもうお彼岸です。

お寺の行事は大きなものが、1月の修正会、3月のお彼岸、4月末の永代経、7月のお盆、9月のお彼岸、10月の報恩講が主なもので、お盆が済むとああ今年も半分過ぎたなあと思います。
今朝住職と話したことですが、「昨年の今頃はいろいろ大変だったね。」
そうでした昨年の10月24、25日は開創400年記念法要でした。委員会がしばしば開かれ、またスタッフの打合せ。当日必要なものの手配いろいろありました。
お天気にも恵まれ、2日間の法要のことが思い出されます。
こうすればよかったという反省もありますが、次の法要の頃には時代も変わるし、いろいろなことが変わっているでしょう。

400年という節目にあうことが出来、ご門徒の皆さんと法要をお勤めできたことはありがたいことだと思います。

その時に401年目の明福寺のあり方が問われました。
法要をお勤めし、役員の交代がありました。新役員会でもいろいろなご意見が出されました。
報恩講の前には今年初めての試みですが、お仏具の御磨き会・お寺のお掃除の会が企画されました。
今までご本堂の奥に鎮座していたお道具をピカピカにしてみんなでお勤めする報恩講の準備をしていきたいと思います。
10月15日(土)14:00から17:00にお寺で行います。
当日はお寺の都合もあり午後の時間帯になりましたので、簡単な夕食を準備いたします。
どうぞ気軽にお越し下さるようお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。