お彼岸 2017、3,17

お彼岸のいり、朝住職とお参りをしました。

お彼岸の支度もでき、これから1週間のお彼岸の始まりです。

この頃朝起きると、一番下の孫が私たちの部屋に来てくれます。
お仏飯を盛っているときから、「これなあに」、と聞いてきます。
「これはねえ、ナマナマさんのご飯だよ。」
「ヘエー」
お内仏の小さな仏飯を小さな手でお供えしてくれました。

ご本堂に行ってお勤めをしてお参りをするところにも、一緒に来て数珠を手に椅子に座って小さな手を合わせていました。
もっとも途中でミッキーマウスを連れてきてましたが。

一緒に本堂でお参りをしていたら、ふと来年の春のお彼岸はどうかなあと思いました。

段々年を取ってくると、来年のことは自分がわからなくなってきました。

それだけに今朝、このような時間を持てたことはとてもうれしいことでした。

孫も1年たったら3歳になってもうすぐ幼稚園の頃なので、彼女も大きく変わっているでしょう。

さて、お彼岸1日目はお天気も良く、お墓参りも方もたくさん見えました。

半年ぶりでお会いしてお話する方々は、それぞれにいろんな変化があることがわかります。
楽しい話、最近の自分のこと、体の調子、突然起こった大変なこと。

皆さんは前向きにそれぞれ生活しておられることを感じます。

お寺にいて、皆さんのお話を聞いて、私自身も励まされることが多いです。

お彼岸の中日には法要が勤まり、恒例のテントでの模擬店もあります。

お勤め、ご法話、バイオリン演奏会があります。どうぞお参りください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。