永代経法要29.4.30

今日は5月3日、連休の真っ只中です。
4月30日は明福寺の永代経法要でした。
有難いことに真っ青な青空です。
前日から、会場の準備、お斎の調理にと二日間にわたって多くの方々のお手伝いを頂きました。
またお参りいただいた皆様ありがとうございました。
法要にお参りいただいたお寺様ありがとうございました。

今年のご法話は港区芝の大谷派のお寺、了善寺のご住職百々海真師のお話でした。
講題は「仏の教えは家に在り」でした。

永代経のご案内に
「永代経法要とは、亡き人を縁として、故人を追慕するとともに阿弥陀如来の教えが、子々孫々にまで伝えられるように、という願いをもって行われる法要です。
つまり、私が念仏を申すことを願われた法要です。」
百々海先生は、お話を聞かせていただいて、あまりの説得力に衝撃を受けましたと副住職が書いています。

さてどんなお話だったでしょう、確かに説得されました。
しっかり書くことができないのが残念です。
確かにこのお寺の中に、この家族の中に仏の教えがあると思いました。
振り返ってみたら、もろもろの家庭の諸事の中に、あそこにもここにも教えがあります。
私は毎日毎日その中で暮らしているのですね。

お話の最初に、百々海先生は暁烏敏氏の父上、暁烏依念師の言葉を紹介されました。
短い法話と表現されたのが次の言葉です。
とても心に残りましたので百々海先生に書いていただきました。
「弥陀をたのめば仏に成る さても尊や 南無阿弥陀仏」
いろいろ言わなくても、「弥陀をたのめば仏に成る さても尊や 南無阿弥陀仏」
この中にすべてがあるような気がします。

この言葉を胸にしまっておきたいと思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。