新しい年 平成30年

お正月も3日となり、今日は12日になりました。
元旦は早朝みんなでお勤めをして、孫たちも着物で,お雑煮を頂きます。

午後1時からは、ご門徒の皆さんとお正月のお勤め、修正会です。
皆さまと正信偈をお勤めしました。有難うございました。
例年よりも暮れ、正月のお寺詣り、お墓まいりの方々が多く見えたように思います。
墓地はお正月のお花松や千両がきれいです。

さて恒例の箱根駅伝が二日三日とありました。
二日は本堂でのお参りと同時間なのでヘリコプターの音を聞いて、お雑煮を食べながらテレビ観戦しています。
往路東洋大学優勝。
次の日は青空の芦ノ湖、富士山の元スタート。
横浜を過ぎたところ家を出て高輪郵便局あたりで応援しました。
ついたらすぐ青山学院が一番で走りすぎました。
その後は順次、車を止めているのでずっと遠くまで見通すことができるので、みな体を乗り出してみています。

来るなとわかるサインがあるのです。
まず遠くで旗が揺れ始めます。そして向かいのビルにわあーという歓声が響いてきます。そして選手の姿が見えてきます。大きな声がビルにぶつかって無人の国道に響いてきます。それも箱根駅伝らしい感じです。

アッという間に1月も半分過ぎました。孫たちも学校が始まり連日、大きな書道の道具やら、音楽の道具やら大きな荷物を持って元気に学校いきます。
12月の31日には年末の慌ただしさで今日中にすべてやらなくては、そういう時間の壁があるのですが、除夜の鐘をテレビで聞いた途端に、やり残しがあっても一気に壁を乗り越えるというか壁が崩れる感じがあるのはとても不思議な気がします。

70年の間その壁を乗り越えてきたわけですね。
いろんなことがありました。
これからもいろんな年の暮れを過ごすのが楽しみです。

 去年今年貫く棒のごときもの 高浜虚子
 平凡を大切に生き去年今年 稲畑汀子

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)