FC2ブログ

11月7日

2018.11.07.15:28

今日は夫の誕生日
何歳?・・・・・75歳!
朝食の時、ふと思い出して「誕生日おめでとう」と言ってみた。
夫はこれといった感慨は見せずに「どうも・・・・」。

75年って何日でしょうか。
75×365日=27,375日「へーそうなんだ意外に少ないね。」

それでは何時間27,375×24時間=657,000時間

それは、長いのか短いのか?
私は意外に短いと感じた。
夫も「それくらいなんだ」以外に数字が少ないと思ったらしい。

さて、「じゃあ、一番小さい孫のゆきポンは何日なのか」
1月に4歳になる彼女、面倒だから4歳として
4年×365日=1460日2か月ひくとして―60日・・1400日
「なんだあいつまだ1400日しか生きてないんだ」と夫は言ってました。

75年生きてきたということ、今までのいろんな事を思い浮かべて長いなあと思うけど、時間にしたら意外に少ない気がします。

さて、先日10月21日に住職継承法要を報恩講に合わせてお勤めいたしました。
長男が20世住職となりました。
前住職は28歳の時、住職となり、それから47年。長い間、いろんなことがありました。
心からお疲れ様、よくお勤めしたなあと思います。

20世住職の継承には、平成4年の3月の庫裡建築の際の法要、平成27年の明福寺開創400年法要以来の多くの方々のお参りを頂きました。
住職が近しくさせていただいている若手僧侶の方々にもご出仕いただき、門徒さんの声と合わせて、満堂のご本堂に正信偈が響き、有難くうれしいことでした。
酒井義一住職のご法話「僧俗一体、真宗寺院の役割」と題して、ご用意いただいた言葉を何枚もの紙に書いてきていただき皆様にも新しく、引き付けられるお話でした。
若手僧侶の「受け継ぐ、創造する」というパネルデスカッションは酒井住職のコーディネートでパネラー不二門至浄氏、河和田唯章師からそれぞれのお寺の歴史とこれからのお話を住職も交えて興味深いお話を頂きました。

その後は懇親パーティーをしました。
おいしい料理、お酒を楽しんでいただけたかと思います。
長時間の為お帰りになった方もおられましたが、ご挨拶が聞き取れないくらいにぎやかにお話の時間となり、それもうれしいことでした。
明福寺開創403年、今までのことにとらわれず、守るべき事、新しい事を見極めて、404年目に向かってほしいと前坊守であり、母親として願っています。

さて私の生きた時間は12月で25,925日、621,960時間となります。短ーい。

comment

Secret

プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR