FC2ブログ

閑古鳥

2020.05.26.15:55

夫の友人から絵ハガキが来た。 
四国の愛媛県在住の方だ。
コロナ騒ぎがなかったら、この5月にお訪ねする予定であった。
けれども中止になった。その日は天気も良く行けていたらよかったねなどと話していたものだった。
そのはがきには近隣の温泉施設に行ってきたが、お客はたった3組。気の毒なようだった。閑古鳥が鳴いていたという。またゆっくり来てくれというものだ。
今朝、朝食の時、夫とその話題になり、ところで閑古鳥という鳥を知っているか、本当に閑古鳥はいるのだろうかという話になった。
お店や食べ物やが暇で、お客がいない状況を鳥はいないけどそういうのか、それとも本当に鳥がいるのか。
調べてみなくてはいけません。
その結果は閑古鳥はいます。へーそうなんだ。知らなかったね。

正解は郭公(カッコウ)のことなんです。
カッコウの鳴き声は格別にものさびしい印象に聞こえる。カッコウの物寂しい鳴き声がお店のさびれた様子を象徴しているとのことです。
一つお利巧になりました。

そこで思い出したことがありました。
実家の兄のお嫁さん、義姉?が前に書いていた文章。それは実家の父とのやり取りでした。多分お嫁さんに来た当座ではなかったかと思います。
「君は、もんぜん じゃくらという言葉を知ってるかね。」
「門前雀羅を張ると書いて、訪ねる人があまり少ないので、門前に雀を捕まえるためのアミを張ることができないほど寂しいという意味なんだ」当時、多分お寺が暇で人も来ないので門前には雀が来るという話を父はしたのではないかと思う。

数日来、明福寺にも雀が来ていますが、コロナでお寺もご法事などは延期にされる方が多いので門前雀羅の状況になっているのでしょう。
今日から緊急事態宣言が解除になりました。
安心していきたいところに行き、会いたい人に会える日がありますように願います。


閑古鳥

comment

Secret

プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR