FC2ブログ

早や、2月になりました


年よりの常套句、テレビも面白くないねえ。コロナだし、外は寒いし。

新聞のテレビ欄で、まあ見たい方の番組をチェックして、時代劇?旅番組?こちらは行ったことがあるときはうんうんそうだった。知らないところはヘー、行ってみたい。吉右衛門はカッコいいなあ。
その合間にテレビはCM たくさん入ってくる。

ある日、葬儀社の広告、あなたのエンディングを美しく・・・なんて言っている。
その時その言葉がウエディングと聞こえた。とてもよく似ているではありませんか。ウがついているかいないかだけですねえ。
おめでたい結婚式、人生最後のお葬式。皮肉です。

ところがそうでもなかったのです。
あるお寺の息子さんの結婚披露宴での主賓のご挨拶を思い出しました。
その方は著名な住職さんです。
その方のお話は結婚披露宴でそんなこと言うのという感じなのでした。
結婚とは別れのはじまりというものでした。
キリスト教の結婚式でもテレビなどで見ると、神父さんが富めるときも時も貧しき時も、・・・・死が二人を分かつまで…なんて言ってませんでしたか。
そのとおりですね。
生まれてから、死ぬまで誰にでも同じ道筋が待っています。
おめでたい席で別れるなんて不吉なと一瞬思うのですが、結婚生活が長かろうと短期間で終わろうと、結局は同じ道。
ウエディングの新郎新婦は美しく未来は楽し気ですが、エンディングも美しく?その時本人はもういないから、美しいかどうか判断できません。
エンディングとウエディング。待っているのはエンディング。

(番外。しんろうを変換したら心労。と出てきました。新郎は心労が多いかなあ。)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR