FC2ブログ

短いお付き合い


1月コロナの緊急事態の状況であったが、5日間入院をした。
命に関わるとは言えないがちょっとした手術のためだ。
部分麻酔だったので一部始終がわかったからとても怖いというか、全身が緊張した。
家族の顔など思い浮かべてみたりしたが、あまり助けにはならなかった。
それから1か月たってまあ順調ですとの診断で一安心。

入院中は4人部屋にいれてもらったのだが、同室の2人はそれぞれ難しい病状のようだった。
でも結構長く入院生活、一緒におられる感じで仲が良かった。親子位年ははなれているようだった。

起床するとAさんBさんはおはようと声を掛け合う。よく眠れた?
コーヒーか紅茶飲む?そうねコーヒー飲もうか。
若いBさんがインスタントコーヒーを入れてくる。
病室の窓から午前7時のビルの朝焼けを見る、いい朝時間だ。
二人は窓際で並んで今日は天気がいいねえ。私は今日は検査よ。よもやま話。
Bさんは自由に歩けるのでお買い物をしてきてくれる。
有難いことに私の手術の後も声をかけてくれた。
Bさんは食事を下げる時、食事が進まないAさんの食べっぷりを気にして今日はいいねおかゆだいぶ食べたね。などいつも励ましている。
また夜になるとなぜかせき込むAさんのことも気にして、飴ばっかり舐めると血糖値が上がるよと気にしている。
ある時じゃばらあめ買って来たから試してみてと渡した。それが功を奏して、咳が出たら蛇腹飴を舐めて、その日から咳はすっきりおさまり血糖値もよくなったと話している。よかったね。

たまたま同室になった人同士、お互いに励まして頑張っている。よかったね。

5日ほどで退院して蛇腹飴って何かなと調べたら、高知県北川村の特産の柑橘でまあ、ゆずのような苦みがあるものらしい。花粉症の時に効くというので前に話題になったらしい。
夫も時々せき込むことがあるのでネットで買ってみた。結構あまい、ちょっと苦い、癖があった。
最終的に、珍しもの好きの私が暇な時舐めそうな感じです。
結構標準が好きな夫は○○散のど飴愛用者です。
AさんBさん、良くなったかなあ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR