FC2ブログ

テレビのCM

2013.12.23.22:43

今話題の、ごちそうさんの主演をしている女優の杏さん。
最近流れている電気メーカーのエアコンのCMが流れるといつも惹かれる。
朱色の絞りの着物をシュッと着ている。
杏さんの着ている着物。

岩手県の人ならちょっと気がつくかもしれない。
盛岡の茜染めの絞りの着物だ。
草紫堂のもの。

見たときああーあれだと思い、そして自分のもっている帯を買った時のことが思い出された。
この店は紫根染めという紫を使った、手仕事の紫と白の絞り染め、茜を使った落ち着いた朱赤の絞り染め、茜染めだ。
古風な伝統の染物だ。
結婚前、お茶を習い始めて着物を着るようになり茜染めの帯を買った。

ウールの赤い着物をぼてぼてに着て、帯もぐずぐずに締めて意気揚々とお稽古に通ったころがあった。

そして平成に入って、歩くのが不自由になった晩年の母に、俳句を指導していただいたご門徒の女性と一緒に盛岡に行き草紫堂にご案内した。
「小春日の母子で選りぬ帯の柄」とよんでいただいたこと。
どうしても気に入ってたけど高い。買えずに帰ったこと。しばらくたって再度、店に行ってとうとう紫根染めの帯を買ってしまったこと。
そんなことがCMとともに一気に思い出された。

その後たまに着物を着てお茶のお稽古をしていたが、だんだん洋服でお稽古するようになり、足が悪くなって中断。
このCMが流れるとじっと着物姿に見入ってしまう。

着物も着なくちゃ着ないままで終わっちゃうと気づいて、勤めて着ようかと思うこのごろです。
着てみると以外に暖かいです。
もっとも超簡略に半幅帯に上っ張りで気楽に着ています。

 《「南部紫染は、はじめ”岩手根紫(いわてねむらさき)”の名のもとに、遠く鎌倉時代すでに天下に周知されていましたが、南部信直公盛岡治城以後代々国産として保護奨励に力を致され、良質豊富に算出される山野自生の紫草根と、独自に発達した染技法、並に大桝・小桝・立桶の単純素朴な絞りとにより染出され、こゝに、”南部紫”と呼称するに至りました。
 南部茜染は、前記南部紫の姉妹染として共に、昔から当地方に特産されて来たものです》

comment

Secret

プロフィール

ナカネタカコ

Author:ナカネタカコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR