今年もあと3時間あまり

ここ数年新年の用意に追われて、紅白歌合戦はほとんど見たことがない。

今、余裕しゃくしゃくパソコンに向かっている・・・坊守的にはうれしい大晦日です。
家族のみんなが風邪も引かずそれぞれの仕事をしたおかげで、早く準備ができました。

何とか健康で動くことができ、お寺でご門徒の皆さんと短いお話でもできるのが楽しいです。

ご本堂の荘厳もきれいにでき、ほぼ用意ができて、ごみを片付けて門の所からご本堂を見ると、青空の中すがすがしい気持ちになります。この一年のお寺の行事、法要のことを思い出しました。

暮れに植木屋さんが来てお掃除をしてくれて、カリンもたった一つ大きな実を残しています。
落葉もほぼ終わりきれいな状態です。

白い椿、まんりょうがきれいです。

ふとアジサイを見ると、切り詰められた枝からもう新芽が緑に出そろっていました。
早いなあ、準備が。
梅雨のころに紫、ピンクの花を咲かせます。
この寒さを乗り越えて春を迎え、夏の前に咲いてくれます。

今年も皆様にはつたないブログを読んでいただいてありがとうございました。

思うようにすらすらというときと、重いテーマになるとこの解釈でよいのかと溜まってしまう時もあります。

この一年ホームページをご縁にお寺に来てくださった方がありました。
そう考えるとこのブログもお寺の人間が何を考えているか、どんな家族かわかっていただけるかも知れません。

来る年がどんな年になるか。

みな平等に1歳年を重ね、孫たちは小学校1年生、そして年長組み、2人は幼稚園に入ります。

それぞれどんな1年になるでしょう。大人たちにもどんな年になるでしょう。

新年から緑の芽吹きを見せるアジサイのように、美しい花が咲く一年でありますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。