お岩さん!?

お岩さんといえば夫に毒をもられて、お化けになって、半分黒くなった顔で迫ってくる。
そんな顔をいう。
実はそんな顔になりました。
念のため毒を盛られたわけではありません。
永代経が済んだ後でよかった。
こんな顔をしてみなさんにお目にかかるのもちょっと嫌でした。

先日、娘の孫と川崎駅のショッピングモール近くの歩道を歩いて、植え込みのお花の名前を言ったりして歩いていると、突然転びました。
ちょっとした段差があったのでしょう。
周りの人も立ち止まって大丈夫ですかと聞いてくる位。
ドテッと倒れました。
幸いなんとか立つことができ歩くこともできました。
でも顔を打っているらしくみるみる腫れてくる感じでした。時間がたつにつれ紫色になってきました。

その後、救急で頬骨を骨折してるかもなんていわれて、あーあと思いましたが検査の結果、まあ、あっても軽いひびと言われて家に帰ってくることができました。

目の周りのあまりの色具合に本人も嫌になりますが、2.3日するとお化粧で塗って隠してみたりサングラスをかけてみたりだいぶ落ち着てきました。

主人はこれで済んでよかったと慰めてくれました。
注意力散漫と怒られるかとひやひやでした。
気持ちと体、体力が一致しなくなってきました。
顔の腫れとともに、そうなってきた自分にがっかりしました。

最近の坊守日記はどうもこの感じの文章が多くなってきました。

今日でⅠ週間になりました。顔はだんだん黄色に変わってきましたが、心のほうはまだ紫色でいまだ回復しません。

中々、老いていくことは認めがたく、あるがまま、あるがままの気持ちにはまだまだなれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。