八百屋の店先

冷蔵庫の野菜が品薄。

以前は豆腐屋、和菓子屋、電気屋などいくつか商店があったのだが、今はコンビニや飲食店が多くなった。
用足しの帰り道、田町から家までの間に唯一の八百屋さんがある。

八百屋の店先のトマト一皿200円、レタス、ブロッコリー、新生姜、など籠に入れて、先客を待っていると、店頭の面白いものを買っていた。
それは100グラム150円の果物。
大きさはピンポン玉位、ちょっとトゲトゲ、色は黄緑、ところどころ褐色、薄い赤、。
なんですかと尋ねると「レイシ(ライチ)よ」
どうやって食べるのかと聞くと「皮を向いてそのまま、甘いわよ。」
もしかして中華料理のデザートに出る、お魚の目みたいなものですかと聞くと、「そうよ、普通は冷凍だけど今の時期だけ生モノが出るから楽しみにしてるの」と笑顔で帰って行った。
八百屋の奥さんにじゃ私も買ってみますと100グラム8個ぐらい購入。

もろもろ買って1200円。

レジをしながら、生姜の話になった。私はたいてい甘酢漬けにしてピンクのさわやかな味を楽しんでいるのだが、奥さんは「甘酢もいいけど私は生姜ごはんがおいしいと思うよ、お米、生姜の千切り、塩、お酒、ダシの素で炊くだけ。」
そんな炊き込みごはんを知らなかったので早速帰って炊いてみます。
今日は2コも勉強しましたありがとうと帰ってきました。

帰った日の夕刊に料理の記事が載っていて、恵比寿の和食店、賛否両論の主人が新生姜の炊き込みごはんを紹介していた。
こちらは炊き上がりにじゃこを混ぜるものでした。
翌日炊いてみました。
とてもおいしかったし、体によさそうなごはんでした。
食後のレイシも皮をむき白い果肉中に面白い形の種が1個。
おいしかったけど一回食べたらいいかな。
食べ物はちょっと冒険して新しいものを食べるのが私の趣味。
夫は生姜ごはんは美味しいと食べましたがレイシは遠慮しておくと手を付けませんでした。
食べ物に関しては保守的。
新しい味、試してみる価値はあると思うのですが・・・・。
もっとも、旅先でいい気になって面白いお菓子を食べすぎて、具合を悪くしたこともあったりしたので、無理強いはしませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。