FC2ブログ

確かな人生

未分類
06 /07 2014
永代経にお話しに来られた講師が皆さんに紙を配られた。
お話を聞きたいと思っても、落ち着いて座っていられない。
終わってから配布資料を見ると次の様な文でした。

真宗門徒としての歩みを
人間がこの世で感じる苦しみを、仏教では
四苦八苦という言葉であらわしています。
生苦・老苦・病苦・死人苦
愛するものと別れる愛別離苦など
仏教はそれらの苦に
向かい合って生きていくことを教えています
   仏は人間の苦を救うのではない
   苦悩の人間を救うのである(安田理深)
苦悩や苦しみを避けるのではなく
それらを縁として
私が私の人生を確かに生きていくことが
仏によって 亡き人によって
待ち望まれているのです
そのような終わりなき歩みを
共に歩み始めましょう

というものでした。

本堂にお参りして、
今日みんなが一日元気なように!
永代経にお参りがあるように!
検査結果が悪くないように
子供が受験に受かりますように!
お願いしても、ギブアンドテイクのように願いをかなえてくれない、とわかっていても、ついついそんなことが頭をよぎります。
でも今日この文章を目にして、そーかと思えることがありました。
   仏は人間の苦を救うのではない
   苦悩の人間を救うのである(安田理深)
私は私の苦を解消してほしい、病を治してほしいと願っていますがそうではない。
そのような苦をもって悩んでいる私を、そのまま受け止めてくれる。


私が私の人生を確かに生きていくこと 
そうなってくると私の人生って?確かに歩むって?
まだまだ道が遠い。


コメント

非公開コメント

ナカネタカコ

FC2ブログへようこそ!