FC2ブログ

些細なことから

未分類
06 /09 2014
些細というべきかどうか もしかしたらとても大切かもしれません。
連日の雨。
用事がないのでほとんど家にいる。

昨日、夕方ようやく雨が上がった。ちょっと歩かないと健康上、外見上まずいことになるので少しでもと思って、ごはんのスイッチを入れてから散歩に出ることにした。

私の散歩は全くルートが決まってなくて信号のまま曲がってみたり、日差しの影の方を選んでみたり。
慶應大学前から札の辻に出て大きなビルの前に出る。
この辺は第一京浜とうえの道の高低差がとてもある。それでビルの広場から上の通りにエレベーターができている。

さてもうご飯も炊けそうだから、階段の道はやめて、エレベーターに乗ろうと歩いていくと、男性が乗って戸を閉めようかというところ。
走るのもできないしまあ次に乗ろうと思っていたら、なんと再度戸が開いて、待っていてくれた。
どうもすみません。ありがとう
いいえ、どういたしまして
グーンと上がってつきました。当然2番目におりるところに立っていたので待っていたら
戸を抑えて、
どうぞ
恐れ入ります。
こんなことはまあめったにありません

私の物差しでは、当たり前のように、自分中心で動きだしそうじゃありませんか。
帰ってから主人にこの話をしました。
思いがけなく親切を受けてなんだか心がホットしました。

どうぞ・すみません・ありがとうは人と人のいい潤滑油になると思いました。
そんなに難しい言葉ではありません。

コメント

非公開コメント

ナカネタカコ

FC2ブログへようこそ!